空気清浄機も壊れる

未分類

こんにちは。

先日パパンが体調が悪いと言って、たまたま私が仕事が休みの日に会社を早退してきました。
とってもだるそうだったけど、咳も熱もないという。

なんだろうねぇ・・・なんて心配しながらも昼におそばを作ってあげて、
それをウマウマ食べた後、クゥクゥ眠っておりました。

翌日も

パパン
なんか、とってもだるいの

と涙目で訴えてきたため、ジンベエとkanaとで
「休んじゃいなよ♪イエイ♪」
と促すと、本気でお休みした。

・・・大丈夫かしら、会社でストレスたまってんのかしら?
会社に行きたくない病?

いろいろ悩んでおりましたが、病院へいったら、まさかの

肺炎

えええ!?そんあことあるの?と本人はもとより家族みんなでびっくりしました。

おかげさまで、現在は薬が効き、元気にしております。
会社にもちゃんといっています。

ほっとしているジンベエでございます。


パパンだけ・・・

そう。この日は日曜日。
みんなゆっくり起きて、のんびり過ごして、向こうでは子どもたちのはしゃぐ声・・・

「いぃぃぃぃぃぃーーーーっやっっ」
これはunaさんの叫ぶ声(汗)

 

今、手をこまねいていることの一つ、unaさんがパパンの言うことを聞かない、ということです。
絶対素直には聞かない。

パパン
いうこと聞いてくれないなら、もうunaのパパンやめるよ!

なんて言っても「どうぞ~♪」みたいな感じ。

それだけではなく、ちょっとした隙にパパンの手をひっかいてみたり、つねってみたり。
「いたっ!」
というパパンの声が常にどこからか聞こえてきます。



恐れていたことが・・・

なので、この日もパパンとunaの格闘は始まっていました。
着替えをしましょうとパパンがunaに促すものの、

「いーやっ」

 

何度か同じやりとりを繰り返し、しびれを切らしたパパンがunaの手を取って連れて行こうとしたのです。
もちろん、unaは

「いーやっ」

と、体をそらしたんですね。
そう、その時なんですよ・・・・

ドガーン!!!

な、何事・・・

恐れおののき、急いで駆け付けると大号泣のunaと、焦っているパパン。

パパンにどうしたんだい?と聞くと

unaが体をそらした時に、支えきれなくて後ろに倒れてしまった。
その後ろには空気清浄機があってね、
unaの頭がそこに当たっちゃったの 。

なんてこったい!!けがはないか!?
と見てみるとこぶたんと小さな傷。
とにかく冷やそう!と保冷材を頭にロックオン!!


その後、unaはクスンクスン泣いていましたが、大きな異常はなく、とりあえず一日静かにさせておきました。

パパンもけがをさせてしまったことでちょっとしょんぼり。
空気清浄機も枠が外れてしまっていました。

でも、それよりも問題なのは

パパンがunaを支えられなかった

ということ。

頼みの綱のパパンがunaを支えられないなんて、ジンベエはどうすればいいんだ。
これは、もっと二人とも鍛えなければいけないのでは?
と真剣に悩みましたが、やはりその前に
unaの体重を減らす
ということにたどり着きました。

一時期減ったことがあったので、喜んでいたんですが

少し体重が減りましたよ。
...

最近では減ってない。
なぜだ・・・・。

でも、このままではunaもパパンも、ジンベエも空気清浄機も危ない!
もっとダイエット強行しないといけないんだっ

と鼻の穴を膨らますジンベエなのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました