放課後ディサービスが減る!?

未分類

実は、ジンベエ、この4月に20年勤めていた会社を辞めました。

会社を辞めると、子どもたちの環境の変わってきます。

 

kanaの学童保育も退所しました。
もともと、学童が大嫌いだったkana。行きたくなくてぐずる日も多く、困ったこともありました。

なので、kanaは大喜び。
学校から帰ってきて、ジンベエがいることが嬉しくてたまらない・・・かと思いきや帰宅後はすぐ友達と遊びに出かけてしまいます。

でも、これは私も一人の時間が増えるのでよし。

もう一つ、unaの放課後ディサービスの利用日が変わってくるのです。


ディサービスの利用日数の変更手続き

放課後等ディサービスって
こんにちは。 今日は、kana(弟)の学童保育の指導員、保護者のための研修会がありました。 ジンベエ、今年は学童保育の役員になっておりまして、強制参加ですよ。 まあ、私がフルタイムで働いているということもあるので、kanaは学童へ行っておりますが、姉のunaさんはインフルエンザ脳症の後遺症により、知的、体幹に障がいを持っており、養護学校に通っておりまして、その後は放課後等ディサービスに行っているんです。

unaは学校終了後にこの放課後等ディサービスを利用していました。

私はフルタイムで出勤していたので、下校後から私が帰宅するまで(19時前)まで預かっていただいていました。

利用できる日数は23日。なので、ほぼ平日の毎日利用しています。

しかし

仕事をやめてしまうと利用できる日数が減るそうです。

 

~そうです。
という曖昧な書き方をしたのは、正直ジンベエが初めてディサービスを利用するときに、このような明確な説明がなかったんですよね。

 

ジンベエさんちは共働きされていますね、はい、じゃあこれとこれを揃えて提出してくださーい。

と言われるがままに提出をし、受給者証が送られてくると、事業所が

「受給者証、きたでしょ?提出してね。」

と言われて出す、という。

 

毎年更新をしていますが、その時も上記と同じような流れ。
さすがに、仕事をしているのとしていないのとでは日数が変わるだろう、ぐらいは知っていたので事業所に連絡して、再更新をすることになりました。



市役所で更新手続きをしてくださいとのことだったので、市役所に電話をして手続きの予約をしました。
その時に、ジンベエがあまりにもいろいろ質問するので、電話の担当の方が何か気づいていくれたようです。

「今度お話するときに、もう一度制度について、詳しくご説明しましょうか。」

私、その言葉にちょっと違和感を覚えたんですよ。

(もう一度って、最初から説明してくれてないじゃん)

でも、そんなことで駄々こねても仕方ないので、

「よろしくお願いします」

と返事。

 

明日、さっそく市役所に行って更新してきます。
担当の方に噛みつかないように、穏やかに行ってこないといけないな、と今から心を落ち着かせています。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました