kanaとの弁当の戦い

こんにちは。
独特の言語を持つことで有名な我が父”じいじ”ですが、
先日もいきなり
「おい、夏ないか!?夏、最近買ってきたやつだ。」
とばあばに話しかけていたので、
季節を買うなんて、粋ね。
なんて思っていたのだが、よくよく聞いていると
「ツナ」の間違えだったようで、

まあ、・・・間違えちゃうのもわからなくはないが
その間違え方は、ワイルドだわな、とこっそりつぶやいた
ジンベエパンです。

 

kanaさん、食事にはちょっとうるさいです。
これは味付けが薄い。
もうちょっと薄く切った方がよい、とか。
自分でも失敗したなぁと思うときは
素直に反省します。
「すみません。以後気を付けます。」
しかも、食事を作っているときに、さぁーっとそばにきて
「なんでこんな風に切ってるの?」
「お皿はどこに用意してあるの?」
「先に洗っちゃえばいいじゃん。」

ムキィィィーッ
となることしばしばなんですよ。

ママの言い訳です

はい。ここからは言い訳になります。
仕事から帰ってきて、皆さんのお着換え、給食セットをまず
ママは出します。
先に出してつけておかないと、臭いが消えないのです。
そこから、買い物してきたものを冷蔵庫にしまいます。
そして、腹が減って子犬のように付きまとう君たちに、
おやつの用意をします。
→おやつはおunaのためを思ってフルーツです。
皮をむいたり、ヘタを取ったり、洗ったりします。
そこから
やっと夕飯の支度にとりかかるわけさっ
(コーフン気味にお伝えしておりますっ)

そこでも、まだ腹を減らした子犬たち(子どもたち)のために
もちろんお題(?)は簡単、手早く。
でも、unaさん対策のため、なるべく揚げ物は出さない。
(唐揚げ、コロッケOKだったらどんなに楽か・・・)
だからね、だから
もちろん手抜きをしているわけではない
(ここ重要です)
んですよ、kanaさん。

しかし、重大な発言をしてしまう

給食が始まるまでは、学童なので、そちらにお弁当をもって行かせます。
このお弁当、けっこうきちんとやっているつもりでした。

ある日のkanaさんの発言は

ママさんの作るお弁当は冷凍ものばっかりだね。

え・・・あ、あの・・・それは・・・。
怒りよりも、驚いて口がふさがらないジンベエ。

ご飯詰めて~冷凍チンして~ミニトマト乗っけたら出来上がり~♪

・・・撃沈ジンベエ。
もううなだれて、気づかれて・・・いや、そんな風に感じていたのかと
肩もついでにがっくり落としてしょんぼりジンベエですよ。

そんなママの様子に気が付いたkana、はっとして
違うんだ。ママの手料理のお弁当が食べたいと思ったんだ!!
それだけなんだ。

お前の手料理が食べたいんだよ、と
マジ?これ、プロポーズ??なんてマンネリ化してた同棲を
撃破するようなセリフと共に

私の肩に手を置くkana(7歳)

もっと、頑張らなければだめですか?
もっと早起きしなければダメなんですね。
そんな弱音も出てきそうでしたが、
結局、「手作り」のものを弁当に入れるために思いついたのは
昨晩のおかずの残りを入れる。
ことでした。
さっそく翌日、おかずの残りを入れ
どうだ、手作り感万歳だろぉ?
と持たせましたが、
kanaいわく
「残りもんじゃん」と。

きぃぃぃぃぃぃぃぃぃーっ!!!!

よぉーし、早起きしてつくったろやないかい!
なんて意気込みましたが、
なんとその日の翌日から
給食開始
なので、この弁当の戦いは次回に持ち越されることになりました。
ジンベエが早起きして作るのか。
kanaが折れて「んまかった」と言ってくれるのか。
乞うご期待!!です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました