放課後等ディサービスって

お役立ち

こんにちは。

今日は、kana(弟)の学童保育の指導員、保護者のための研修会がありました。
ジンベエ、今年は学童保育の役員になっておりまして、強制参加ですよ。

まあ、私がフルタイムで働いているということもあるので、kanaは学童へ行っておりますが、姉のunaさんはインフルエンザ脳症の後遺症により、知的、体幹に障がいを持っており、養護学校に通っておりまして、その後は放課後等ディサービスに行っているんです。



放課後ディサービスとは

放ディと呼ばれるこのサービスは、わかりやすくいうと「障がい児のための学童保育」といった感じです。
学校教育法に規定する学校に通う障がい児が、学校終了後の放課後や、土曜日、夏休み、冬休みといった長期休日の時に通うことができる福祉サービスです。

学校教育法に規定する学校
小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、大学、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校などですね

放ディで、どんなことをするのかというと、
自立した生活を送るための日常的訓練を初め、習い事のような楽器、運動などを行うところもあります。
その他、地域交流のための外出や、作業活動などがあります。

利用対象は?

身体に障害のある児童、知的障害のある児童又は精神に障害のある児童(発達障害児を含む)
※手帳の有無は問わず、児童相談所、市町村保健センター、医師等により療育の必要性が認められた児童も対象
児童福祉法によると、手帳はなくても大丈夫。ドクターなどによる専門家の意見書などを提出し、利用の必要が承認されればサービスを受けることができます。
ちなみにジンベエの住んでいる地域では、対象者として
・療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者手帳のいずれかを取得
・精神障がい、発達障がい等の診断書の交付
・特別支援級に在籍
のいずれかの要件が必要とされていました。



学童保育と違うの??

学童と違うところは、親が必ずしも就業していなくても」利用ができるということ。
もちろん、学童保育も入所理由は「親の就業」だけではなく、いろんな事情があるのですが、放ディは

理由なんかいらないぜ(要件がそろっていれば)

というちょっとナイスガイ的、寛容的な感じがあります。
それでは、なぜそんなナイスガイなのでしょうか。

それは

とにかく、目が離せない、放っておけない、一人にさせられない。
そんなのずっとやるの、お母さんムーリー。

美容院にだって行きたいもん。
歯医者にだって、たまには映画だって見たいもん。
夏休みなんてどうするの?長い期間じゃママン体力持たないかも・・・
ということからかどうかは定かではないが、

「障がい児の親御さんにも、自分の時間が少しでも作れますように」

ということと、

「生活脳能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、自走の自立の支援と放課後の居場所を提供するサービス」

と書いてありました。

なので、専業主婦のお宅でも、放ディを利用することはできるんですよー。
※月間で利用できる日数は変わってきます。各市町村でも利用できる上限は変わってきます。




最後に

unaも小学校に入る前には保育園だったので、仕事が終わって迎えにいくまで預かってくれていました。
しかし、小学校ではそうはいかず、決まった時間にみんな下校しますよね。

その時に無知だった私は、

ど、ど、ど、どうするの??

とかなり不安だったことを覚えています。
でも、きちんとこうしたサービスがあるんですね^^

お仕事されているお母さん、もしくはサービスを必要としているお母さん。

大丈夫ですからねー!!

 

 

 

と、いうことで放課後ディサービスがどんなものかご紹介しましたが
次回は、申請の仕方、費用についてジンベエが実際に行ってきたことをご報告しますね!

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました