熱があるわけでもないのに、泣いています

障がい児

みなさんこんにちは。
養護学校に通う女の子、unaと市立の小学校に通う弟、kanaの二児の母、ジンベエパンです。
このサイト、「unatokanato」で二人の日常などを書いています。

 

その日は朝からunaの様子がいつもと違いました。

 

目が覚めてから泣き出すuna。

unaの体調が悪く、熱が出る前などは決まって朝から泣きます。

当日も、体調が悪いのかと思い、すぐにパパさんに体温を測ってもらいました。

 

「36.6度だよ。」

へ?

熱がないのに、泣いている。
これはどうしたことか・・・。

その時から、少し私の胸の中によぎるものはあったのです。




その日は、unaの療育手帳の再判定の日(後日詳細アップしますね)だったので、二人で車に乗って児童相談所までいきました。

車の中では、久しぶりに助手席に座れてご機嫌。

「おりこうさんで座っていてね」なんて声をかけると

「あい」

とちゃんとおりこうさんにしていました。

 

判定が終わった後は、そのまま学校に向かうことになっていました。

教室へ向かう途中の廊下で担任の先生に会ったので、そのまま引き渡そうとすると、

すっとunaが私の後ろへ隠れたのです。

おや?

 

先生が「教室へ向かおう。」と声をかけても「いや」と拒否。

 

・・・今まではこんなことはありませんでした。

先生に会うと嬉しそうに手を振って近づき、すすんで教室へ入っていたのです。

 

そんなunaなのに、今日に限って

「ほら、いっておいで」と私が促すと、なんと

泣き出してしまったのです。

それもかなり本気。

 

おやおや?

 

と思いつつさらに促すも、unaはスイッチが入ったように号泣しだしたのです。

うわぁぁぁぁぁ!
まぁぁぁまぁぁぁぁ!

先生が「お母さんはもう行ってください。」とアイコンタクトをしてきたので、私は後ろ髪を思いっきりひかれながらも、後ろを振り向かずに学校を出ました。

駐車場について、車に乗ろうとした時も、学校中にまだunaの

まあぁぁぁぁぁまぁぁぁぁ!!

が響いています。

 

私はこんなunaの声は、まだunaが幼いころ入院していた病院で、私が帰宅する時に聞いた以来です。
あの時も、病棟のエレベータホールまで私を求める泣き声が響き、私も泣きながらエレベーターに乗っていたものでした。

それと同じ泣き声が今、ここで聞こえてくるなんで、なんだか胸が痛くて痛くて、帰宅しても私も食事をとることができませんでした。




どうしたんだろう。
体調がよくないのかしら?

でも、気になって何度も体温を測るけれど熱はなかった。

食欲もいつもと変わらずあった。

ご機嫌に笑う時もあったし、普段と変わらないように思えた。

 

それなのに、あんな号泣するなんて。

 

結局、その日は心配だったので放ディを休ませて、スクールバスに乗っての帰宅に変えることにしました。

あんなに、ママ、ママと泣いていたunaを放ディに行かせる気分には到底なれなかったのです。

 

そんなunaの様子を思い返しながら、unaが今何を抱えているのか考えてみることにしたのです。

 

そこには思い当たる点が少しありました。

 

 

次回に続きます。

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
障がい児 子育て
スポンサーリンク
よかったらシェアしてください♪
jinbee-panをフォローする
unatokanato

コメント

タイトルとURLをコピーしました